上手に使っておいしい食事

忙しい毎日でも安心の介護食宅配サービスとは?

残存機能に合った食事

上手く食べられない要因は、噛む力の弱さや飲み込みが悪い場合がほとんどです。
原因は、色々あります。
例えば、多くの歯を失っている・義歯(入れ歯)が合わない・食べるときに呼吸が乱れて苦しくなる・噛む力が弱い・飲み込みにくい、などがあります。
そういう場合は、その人に合った調理が必要になってきます。
介護に限りませんが、何事にも「残存機能は使うこと」が大切です。

食事に関して言えば、その人が普通食で不都合な理由は何か、それを考えて調理することです。
赤ちゃんの離乳食と同じで、歯がなくても歯茎や舌でつぶせる固さ・柔らかさであれば、そのレベルで考えれば良いのです。
不必要に細かくしたり刻んだりすると、かえって残っている噛む力を低下させてしまう場合があります。
その人が持っている力で食べられるように、調理方法を工夫しましょう。

しかし、こうした調理の工夫は、実際にやってみようとすると結構時間と手間がかかるものです。
そこで便利なのが、出来合いの介護食を利用することです。
同じ献立でも、噛む力ごとに分かれていて、たいていレトルトか冷凍状態になっています。
調剤薬局や、ドラッグストアなどでも購入できますので、どのレベルが良いかお試しで使ってみるのも良いでしょう。
適切なレベルをみつけてから、通信販売や配達サービスを利用すると、まとめ買いをしても無駄になりません。
病院やクリニックの待合室や、薬局などにも無料冊子が置いてある場合があります。

おすすめリンク

自宅で作る介護食

自宅で介護食を作る際のポイントは?手軽に調理できるヒントなどもご紹介しています。

高齢者が、どうしてうまく食べられなくなるのか

食事というのは、毎日必要な物ですね。 人が日々の活動をするために必要なエネルギー源です。 栄養バランスを考えたり、熱量(カロリー)を適切にする、塩分を摂りすぎないようにするなど、少し煩わしいこともあります。 しかし、そればかりではなく、味や見た目を「楽しむ」ことも大切ですね。

口から食べられる幸せ

食べるということは、人が活動するために必要なエネルギーを得る手段です。 噛む力が弱い人や、飲み込みが悪い人には、家族と同じ普通食では十分に食べられないことがあります。 食べられない期間が長引くと、体力や免疫力が低下したり、回復力も衰えます。 色々な感染症にかかりやすくなったり、床ずれがおきたりします。

介護食の宅配サービス

栄養バランスが良く、見た目もきれいで、毎日飽きない、という条件を満たした食事を、自分で考えるのは大変なことですね。 宅配サービス業者には、専門の栄養士がいて、栄養バランスの良い献立を作っています。 普通食だけでなく、糖尿病や塩分制限などがある人向きの食事、段階別介護食などを扱う所が多くなってきました。